写真に魅せられて:写真紀行

街の雰囲気や自然の美しさなどを写真と文章でお贈りします。

アルプスの滑り台

f:id:KoichiHasArt:20200406174439j:image

スイスの山奥に入っていくと、雄大で美しいアルプスの山々に囲まれた村が沢山ある。グリンデルヴァルトもそうした村のひとつ。ハイキングコースが整備されているため、夏はハイキングで賑わう。

だいぶ前になるが、夏のスイスへ行った時、山の中をハイキングしていると可愛らしい木製の滑り台があった。美しいアルプスが広がる中で滑ったら気持ちいいだろうな。大人でも滑りたい。一人旅だったため、一人で滑り台を滑るのもちょっと恥ずかしい。周りに誰もいないのをキョロキョロ確かめてから、滑り台に登ってみる。山々が美しい。シャーっと滑る。いやー、なんて気持ちがいいんだ。

滑り終わって立ち上がったら、ちょうど歩いてきたカップルと目が合った。彼氏の方がにっこり笑って、親指をあげてグットサイン👍。僕も照れながらグットサイン👍。次に滑る時は、彼女か奥さんと一緒がいいかな、そう思ったアルプスでのひと夏の思い出。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

晴れたり曇ったり 東京

f:id:KoichiHasArt:20200404133318j:plain

 ある雨上がりの東京都心。高層ビルの上から景色を眺める。ビルの上からは下の街の様子が雲の間から見え隠れする。雲と同じ位置から街を見ると、何か不思議な気分だ。

春は天候が変わりやすい。最近の東京は気温差もあったりで忙しい限りだ。やがて春の陽気が増えてきて、1年で1番いい季節がくる。

晴れたり曇ったり。その度に街の表情が変わって面白い。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

御前崎の海

f:id:KoichiHasArt:20200404145837j:plain

海を見るとどのような心情が湧くであろうか。青く広い海を見ていると心が広くなるとか、その美しさに見惚れるというのもあるだろう。または、泳ぎたいとかサーフィンしたいといったようにレジャーがしたいと思うかもしれない。あるいは、食べる事が好きな人は美味しい海の幸を想像するかもしれないし、様々だろう。

僕の場合、いつも海を見ると、水平線の先には何があるのだろうといったことへ思いがいく。ここをずっと行くとどこどこに行くだろうとか、先にはあの島があるだろうとか。御前崎は太平洋に面しているため、ちょっと遠いが先にあるアメリカを思う。

目先の事よりもずっと先に目をやってしまうのは自分の性格なんだろう。海はそんな自分のことまでも教えてくれるのか。大きいなー。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

2020年の桜、東京

f:id:KoichiHasArt:20200402144916j:image

今年も冬が終わり東京に春が来た。一年かけて次の花を咲かせる準備をする。冬をじぃっーと耐えて春に花咲かせる。

都心の桜は高層ビルの近くだ。場所は関係なく、大都会の中でも自然の花を咲かせる。六本木の桜は高層ビルとのハーモニーを奏でる。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

東京の日の入り

f:id:KoichiHasArt:20200312191140j:image

この時期になると、日が長くなってきたなと感じる。太陽が今日も落ちていき、富士山も照らされている。東京にも夜が来る。

新型コロナウイルスが東京でも牙をむきはじめた。この脅威が去り、東京にも楽しい夜が戻ってくる事を願うばかりだ。頑張ろう!大東京!

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

美しきクライネ・シャイデック

f:id:KoichiHasArt:20200323213752j:image

クライネ・シャイデックは、ヨーロッパで一番標高の高い駅であるユングフラウ・ヨッホへ行く時に登山列車を乗り換える場所だ。

ユングフラウへ向かう登山列車は山を登っていく。ふと視線を下げると、サイクリスト達がサイクルツーリングを楽しんでいる。ここはサイクリングにも適しているのだろう。美しい山々を見ながらのサイクリング。最高だろうなぁ。

スイスでもコロナウイルスの感染者が増えている。(2020年3月現在) 一刻も早く事態が収束し、美しきアルプスの山々に沢山のサイクリスト達が戻ってくる事をひたぶるに祈る。

Photo and Writing by Hasegawa, Koichi

サンティアゴ・ベルナベウとカンプ・ノウの威容

f:id:KoichiHasArt:20200323205208j:plain

サンティアゴ・ベルナベウマドリード

サッカーファン憧れの地である二つのスタジアムがスペインにある。そのひとつであるサンティアゴ・ベルナベウは首都マドリードにある。ここはレアル・マドリードの本拠地で、80000人以上を収容する世界屈指のスタジアム。幾多の名勝負がここで繰り広げられてきた。改修工事の計画が数年前からあるが、新しくなるスタジアムは開閉式になるそうで、巨大スクリーンの設置など完成が楽しみだ。

 

f:id:KoichiHasArt:20200323205418j:plain

カンプ・ノウバルセロナ

もう一方のスタジアムであるカンプ・ノウは、10万人近く収容するヨーロッパ最大のスタジアムでバルセロナの本拠地。こちらも開閉式の屋根がつけられる予定で、その完成が楽しみだ。

両チームが激突するクラシコ。近年では、両スタジアムでロナウドとメッシのバトルが繰り広げられた。この両チームは、サッカー界を代表するメガクラブ。スター選手が多かったり、チームの質といい、まさに世界最高峰だ。

現在コロナ・ウイルスがスペインでも猛威を振るっている。(2020年3月現在)それに伴い、リーガ・エスパニョーラも延期になっている。一刻も早く収束し、この両スタジアムに大歓声が戻ってくる日がくることを切に願う。ガンバレ!スペイン!!

Photo and Writing by Haseawa, Koichi